旅行(上海)

2009年7月31日 (金)

パークハイアットで朝食

日本に帰国する朝は、ゆっくり過ごすことができたので、宿泊しているパークハイアットで朝食を頂きましたhappy01 (2009年7月24日)

87階のロビー横にあるラウンジです。

P1170574

最高の眺望のはずなのですが、この日の朝はあいにく、ガスがかかっていましたcloud

P1170576

ブッフェスタイルですshine

シリアル、数種類の菓子パン、ハードパン、ハム、サーモン、チーズ、ヨーグルト、フルーツなどなど。ただ、ホテルブッフェとしては、決して種類は豊富な方ではないです。

クロワッサン、フランスパンは美味しかったです。これに、サーモンのスライス、モッツァレアチーズをのせていただきましたsmile ただ、サラダ系がほとんどなかったのと、果物がどれもイマイチだったのは残念でした。

P1170572

オムレツなど卵料理、パンケーキ、チャーハン、ワンタンスープなどの一品料理は、別途オーダーすると、出来立てを持ってきてくれます。(いくつ頼んでもOK)

私たちはワンタンスープとチャーハンをオーダー。なかなか美味しかったです。ただ、後で、バナナパンケーキが大好評だと知りました。う~ん、パンケーキも頼めば良かった・・・sad

お値段は1人276元です。いくらホテルでの朝食といえ、お料理の品数、質、そしてサービスからいうと、ちょっと高く感じてしまいますね。。。。

この後、上海を後にし、日本へ戻りましたairplane 主人の「皆既日食が観たい」との一言から始まった今回の旅行も、たくさんの思い出を作ることができましたnote 今回見れなかったダイヤモンドリングは、いつの日か、2人で観れたらいいなheart02

↓2つのランキングに参加しています。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

毎日のクリックがとても励みになってます。応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

上海雑技団(上海商城劇院)

中国といえば雑技団ですよねsign02 上海最後の夜は、究極の技を繰り広げる上海雑技を鑑賞しました。(2009年7月23日)

P1170472

リッツカールトン上海に併設された劇場、「上海商城劇院」です。

P1170475

観客はほとんどが欧米人でした。人気のある舞台なので、あらかじめ日本で予約しました。席は前から7列目。いよいよ始まりですshine

P1170480

P1170499

P1170526

P1170528

P1170553

P1170561_2

衣装、音楽、演出ともかなり洗練されています。お客さんの多くが欧米人なので、欧米向けにしているのでしょうね。技術的にもシルク・ドゥ・ソレイユと同等か、それ以上かもしれません。テレビで見たことのある芸が多いですが、やはり生で見ると迫力がありますね。あと、笑いのコーナーのようなものもあって結構ウケていました。1時間半の公演ですが、あっという間に時間が過ぎてしまいます。子供からお年寄りまで、誰でも楽しめるエンターテイメントですねnotes

↓2つのランキングに参加しています。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

毎日のクリックがとても励みになってます。応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

蘇州・周荘

上海3日目は、庭園と運河が残る世界遺産の町「蘇州」と、江南水郷の代表地「周荘」まで足を伸ばしました。(2009年7月23日)

7時過ぎにホテルを出発し、2時間ほどで蘇州に到着。「東洋のベニス」と呼ばれる蘇州で最初に向かったのは、世界遺産の拙政園(セッセイエン)です。

P1170070

蘇州四大名園のうち最大の庭園ということもあって、まだ9時だというのに、既に外国人観光客でいっぱいcoldsweats02

P1170099

園内も、欧米人の団体ツアー客で溢れています。英語とスペイン語が飛び交っていました。

P1170137

蓮華が綺麗に咲いていました。

P1170181

水をテーマに造られたお庭だけあって、水を中心に建つ楼閣との調和が見事でした。

次に訪れたのは、東洋の斜塔がある、虎丘(コキュウ)です。

P1170271

中国のピサの斜塔、雲厳寺塔です。写真ではわかりにくいかもしれませんが、地盤沈下により右に3.5度傾いています。

次は、刺繍研究所へ。蘇州の名産である刺繍作りの見学です。

P1170295

P1170301

色のグラデーションを出すために頻繁に糸を変えます。物凄く細かい作業の為、1日に2センチ四方しか縫えないそうです。

写真はNGだったのですが、両面刺繍の工芸品が素晴らしかったです。刺繍の表と裏で色の違う猫のお値段を尋ねたところ、10万元(=140万円)とのこと。あまりに綺麗だったので、ずっと見ていたら、どんどん値段が下がっていき、「3万元ならどうですか?」とcoldsweats02 ・・・もちろん買いませんでしたけど。

お昼は、刺繍研究所内にある蘇州料理のレストランで頂きました。

P1170308

P1170309

P1170310

見た目(盛り方?)はイマイチですが、どれも味付けがよく、美味しく頂きましたbleah

P1170315

店内は、日本人の団体客で大繁盛でした。たぶん、日食ツアーの人たちだと思います。

昼食後は、禅寺である寒山寺へ。

P1170348

普明宝塔です。高さ52メートル。唐の楼閣式仏塔を模したものです。

P1170361

寒山寺について詠んだ有名な漢詩です。私は知りませんでしたが。。。

次は、蘇州から車を1時間ほど走らせ、周荘に向かいました。

P1170458

水郷古鎮入り口付近です。

P1170368

日本で言うと、福岡県の柳川みたいな感じでしょうか。

P1170390

P1170394

水路と石橋からなる周荘には、いくつもの古橋がかけられています。

P1170399

路地には、こうしたお店が並んでいます。道幅は物凄く狭いですが風情があります。

P1170429 P1170432

せっかくなので周荘遊覧船に乗ってみました。船頭さんはほとんどが女性で、船をこぎながら歌を唄ってくれます。言葉はわかりませんが、やさしい歌声を聴きながら景色を楽しむことができました。

この時期は気温も湿度もとても高い為、汗をかきながらの観光ではありましたが、蘇州・周荘まで足を伸ばしてとても良かったです。都市では感じることができない、中国の伝統的な生活様式に触れることができました。

↓2つのランキングに参加しています。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

毎日のクリックがとても励みになってます。応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成隆行 蟹王府 (上海蟹)

上海といえば、上海蟹cancer ・・ということで、上海2日目の夜は、上海蟹を食べに「成隆行 蟹王府」へ行きました。(2009年7月22日)

P1160905

色々調べたのですが、陽澄湖の上質な上海蟹で、かつ、店員さんが蟹を剥いて出してくれる(←これ、かなり重要です!!)ということで、こちらを選びました。

P1160914

二湖の生演奏があり、雰囲気も良かったです。

P1160934

日本語のメニューがありますhappy01 この598元のコースに加えて酔蟹も頼みましたlovely

P1160916

鉄観音王です。茶葉に直接お湯を注ぎます。

P1160924

このように蓋を少しずらして頂きます。香りがとても豊かで美味しいお茶でした。

P1160920

最初に、蒸し蟹にする上海蟹を披露してくれます。

P1160921

前菜。左のクラゲがコリコリして美味しかったです。

P1160944

P1160945

酔蟹。活きた上海蟹を紹興酒に漬けたものです。以前、日本の富麗華で食べて以来、大ファンになったので、1匹ずつ追加注文しました。こちらの酔蟹ももちろん最高でしたgood

P1160928

蟹みそ入りフカヒレスープ。ミソの味が濃厚でしたlovely

P1160942

蟹みそ入り車海老。海老が大きくてプリプリなうえ、ソースも絶品。こんな美味しいエビチリは初めてです。海老の頭のミソも甘かった~smile

P1160931

蟹みそと蟹肉の炒めもの。甘酢のタレに付けて頂きました。これまた絶品ですnotes

P1160964

蟹の足肉とほうれん草の炒め物。

P1160959 

上海蒸し蟹。ほぐしてもらった身とミソを混ぜて頂きます。なんて甘いミソなんでしょ。主人も私も言葉をなくしてしまいました。これだけを食べに、また上海に来たいくらいですsmile

P1160966

蟹みそ掛けチャーハン(主人選択)

P1160967

蟹みそ入り坦々麺(私選択)。。蟹の味がしっかりする贅沢なスープです。麺は、きし麺のような太麺でした。

P1160973

デザート(イチゴソースかけ杏仁豆腐)

P1160975

果物(スイカとメロン) 果物はあまり美味しくなかったです。

以上のお料理で、1人1万円くらいです。東京だったら多分3倍くらいのお値段はしてしまうと思います。あと、こちらのお店は店員さんのサービスもとても良かったです。主人も私も、もう大満足でした。

時期外れでもこの美味しさなのですから、旬の11月に大勢の日本人が上海に来るのも納得できますねconfident

↓2つのランキングに参加しています。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

毎日のクリックがとても励みになってます。応援よろしくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皆既日食(上海)

上海市の金山区で日食を見ました!!(2009年7月22日)

上海市街では雨が予想された為、朝7時にホテルを出発し、金山ビーチに向かいました。雲が厚く、見られないのかなぁという不安もありましたが、ビーチに着く直前で、なんとか部分日食が見え始めたので、すぐにタクシーを降り、観測開始です。

P1160793

雲の合間からなんとか、日食をみることができます。皆既日食まであと25分くらいです。

P1160805

皆既日食まで残り8分ぐらいです。このころから興奮度はピークでしたが、また雲が邪魔して、隠れたり現れたり。。。残念ながら、太陽が消える瞬間に現れるダイヤモンドリングは見れませんでした。

P1160814_2

P1160843

上は皆既日食が始まる1分前の写真。下は皆既日食中の写真です。皆既日食(現地時間9時36分~42分ごろ)の間は、本当に一気に真っ暗になりました。このとき、改めて皆既日食の凄さというのを実感しました。

この後、パークハイアットに戻ったのが12時過ぎ。部屋のテレビで、上海市街は雨でまったく日食が見られなかったことを知りました。どうしようか迷ったものの、思い切って南に進んでみて良かったです。神秘的でとても貴重な体験ができました。

この3日間、毎朝6時台から活動していた為か、急に疲れが出てきてしまいました。ってことで、お昼は簡単にルームサービスで済ませました。

P1160896_2

金華ハム入りチャーハン(手前)と牛肉入りヌードル(奥)です。真ん中にあるちょっとピリからのタレ(?)と一緒に頂きました。両方とも美味しかったです。

↓2つのランキングに参加しています。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

毎日のクリックがとても励みになってます。応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

上海市内観光

お昼を食べた後は、上海市街を観光しましたfoot(2009年7月21日)

まず訪れたのは、中国の伝統的の建物が立ち並ぶ観光地、豫園です。

P1160516

とても広い庭園です。高層ビルが次々と建築されている上海ですが、ここは昔の雰囲気がそのまま味わえる空間です。

P1160524

随所に、くり抜き門をみることができます。これは、壺の形をした門ですね。

P1160500

豫園商城です。雑貨やお土産などを売っているお店が軒を連ねています。日本でいうと浅草のようなイメージかな。とにかくすごい人出でした。

次は、租界時代の欧風建築物がそびえ建つ、外難へ向かいました。

P1160548

P1160540

歴史ある石造ビルが建ち並んでいます。道路は2010年の上海万博にむけ、至るところで工事をしていました。

P1160551

本来なら、黄浦公園から対岸の浦東を一望できるはずが、工事で公園内に入ることができません、、、、。わ~ん、夜景がきれいなはずなのに。。。。。ってことで、急遽、夜景を観るべく、遊覧船に乗ることにしましたship

P1160700

大型の遊覧船で、黄浦江を1時間かけてゆっくりクルージングです。ちょうど真ん中に写っている一番高い建物が、上海ヒルズです。

P1160641

浦東の夜景をたっぷり堪能することができましたshine改めてですが、物凄い勢いで発展している上海の姿を肌で感じました。

そして、この日最後の観光は外灘観光隊道。黄浦江の下を通っている水中トンネルをカプセルに乗って渡ります。

P1160733

イルミネーションがとても綺麗ですflair

P1160750

次々に変化するイルミネーションを見ていると、あっというまに5分が過ぎ、対岸到着happy01

そして、いよいよ明日は、この旅行のメインイベントである皆既日食です。上海の天気予報は雷雨と発表されていました。さて、どうしましょ。。。。。

↓2つのランキングに参加しています。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

毎日のクリックがとても励みになってます。応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海 福臨門魚翅海鮮酒家

上海初日のランチは、香港に本店を持つ「福臨門」に行きましたhappy01(2009年7月21日)

P1160458

福臨門の上海店は、浦東シャングリラホテルの2階にあります。予約はしていなかったのですが、遅めのランチだった為、店内は比較的空いていました。

P1160460

高級感ある店内に、ちょっと緊張coldsweats02

P1160470

北京ダックです。一羽単位の注文になります。二人で一羽は多いかなぁと迷ったのですが、せっかくなので注文しちゃいましたhappy01こうして目の前で削ぎ切りにしてくれます。

P1160478

P1160473

これは、今まで食べた北京ダックの中で一番美味しかったです。皮はパリパリ、薄餅はもちもち、そして、甜麺醤の味も最高~good主人も私も10本近く食べたかも。

P1160481

牛肉のXO醤炒め。白いご飯が欲しくなる一品ですね。ピリ辛でとても美味しかったです。

P1160486

もう一品は、初めての食材、田鶏、つまりカエルです。味付けは美味しかったのですが、カエルのにゅるっとした食感は苦手かも。。。。ただ、金華ハムはとても気に入ってしまいました。塩味も、旨味も濃厚でした。

P1160490

有名な福建炒飯です。具沢山で味付けは濃い目。チャーハンに餡がかかっているので、しっとりとした食感です。既にお腹が一杯で、全部食べ切れかなったのが残念。

P1160493

最後のデザート、マンゴープリンです。果肉がたっぷり入っていて美味しかったです。

味は満足でしたが、高級店のわりにスタッフのサービスは決していいものではありませんでした。中国だから仕方ないのかもしれませんが。。。

ランチを食べ終わったのが15時近く。お腹も一杯になったことだし、これから上海市街の観光へ向かいま~すdash

↓2つのランキングに参加しています。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

毎日のクリックがとても励みになってます。応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

パークハイアット上海

龍陽路駅からはタクシーでパークハイアット上海へ向かいました。(2009年7月21日)

パークハイアット上海は、森ビルが去年完成させた100階建ての上海ヒルズ(上海環球金融中心)の中にあります。現在までのところ、世界一高層(79階~93階)なホテルです。

P1170067

ホテルの入り口では、捜爆犬くんが車のトランクを調べます。お仕事、ご苦労さまdog

このホテルはセキュリティが非常に厳しく、エレベーターに乗る前に毎回X線の荷物検査があります。

P1160421

お部屋は、83階のWEST側でした。部屋からは、上海市街が一望できます。40階建ての高層ビルも遥か下に見えますeye

P1160423

白を基調にした清潔感あるお部屋ですshine

P1160428

インターネット(LAN)接続は無料でした。ただ、非常に遅いです。

P1160427

P1160451

ウェルカムフルーツは青りんごappleです。甘酸っぱくて美味しかった~!

P1160430

我が家と型は違いますが、ネスプレッソcafeがありました。早速おいしいコーヒーを一杯いただきました。

P1160434

洗面台の鏡の中には液晶テレビが埋め込まれてます。

P1160442

ウォッシュレット付き。

P1160431

和洋折衷という説明を受けたお風呂です。つまり、浴槽側にはシャワーがありません。檜の桶と椅子が置かれていました。浴槽は広々していて、とっても気持ちよかったです。

お部屋は最新の機能が取り入れられていて、とても過ごしやすい空間でした。

こんな素敵なお部屋なので、少しゆっくりしたい気もしましたが、お腹が減ったので、北京ダックを食べにGodash

↓2つのランキングに参加しています。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

毎日のクリックがとても励みになってます。応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海リニアモーターカー(上海磁浮列車)

ソウルから1時間ちょっとのフライトairplaneで上海浦東空港に到着です。(2009年7月21日)

空港から市内へは上海リニアモーターカー(上海磁浮列車)で向かいます。このリニアは世界最速列車としてギネスブックにも認定されていて、最高速度はなんと431キロ!!

P1160357

点々と汚れているのは、虫が衝突した跡です。。

P1160372

VIP席はかなりゆったりしています。

P1160388

最高速431キロで走っている時間はわずか30秒間ほど。速度は常にデジタル表示されています。リニアなので、ほとんど揺れないのかと思っていたのですが、新幹線と同じくらいは揺れます。

ちなみに、料金は普通席で往復100元、VIP席で往復160元です。(1元=約14円)

↓2つのランキングに参加しています。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

毎日のクリックがとても励みになってます。応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)