« イタリアン料理教室3月 | トップページ | 草餅と桜餅(叶匠寿庵) »

2010年3月29日 (月)

イワシの蒲焼 と はんぺんの白味噌焼き

まるまる太ったイワシを見つけたので、イワシの蒲焼を作りましたnotes

P1120695

この時期にしては脂のりが良いイワシfishでした。照り具合もちょうどいい感じに仕上がりました。レシピはこちら

P1120689

はんぺんの味噌焼き。「ごはんの時間 ++気まぐれレシピ++」で紹介されているレシピです。タマネギと白味噌、柚子胡椒で作ったソースがとても美味しいです。我が家はチーズ好きということもあり、はんぺんの間にスライスチーズも挟んでいます。

今回は2度目のチャレンジです。最初に作った時は、トースターからはんぺんを出した瞬間、ぺったんこに潰れてしまってしまったんですweep。色々調べ、’はんぺんは焼きすぎない’’器は予め温めておく’ようにしたら、潰れずに仕上がりました。marronさん、今回も手軽で美味しいレシピ、ありがとうございましたhappy01

P1120703

冷蔵庫に残っている野菜を使った野菜炒めですclover。新玉ねぎ、春キャベツ、ニンジン、豚肉、さつま揚げ。味付けはシンプルに、とんこつ味の粉末、塩、コショウ、最後に風味付けで醤油をたらしました。お野菜が美味しいので、こういうシンプルな味付けが一番かなsmile

今日もとっても寒い1日になりそうですねtyphoon。こういう日はのんびり家で過ごしたいですが、頑張ってこれからジムへ行ってきますdash

↓3つのランキングに参加しています。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

レシピブログ レシピブログ

毎日のクリックがとても励みになってます。応援よろしくお願いします。また、コメントも、とても楽しみにしています。コメントを残してくださった方には、こちらからもご訪問&応援ポチに伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

|

« イタリアン料理教室3月 | トップページ | 草餅と桜餅(叶匠寿庵) »

レシピ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは〜。

いわしの蒲焼きふっくらツヤツヤ美味しそう〜。
それに、はんぺんの味噌焼きとくれば、ご飯が
もりもり進みそうですね。

ジムでいい汗流して来られたかしら??
私は風の強〜い寒い公園等で1日外でしたbearing

投稿: shoko♪ | 2010年3月29日 (月) 18時12分

のりえちゃんこんばんわ~^^
いわしのかば焼き美味しそうよ~私もよく作る一品♪でものりえちゃんのが美味しそうだわ・・じゅるっ

marronちゃんのはんぺんもおいしそーーー

ぽちぽち~

投稿: はるひ | 2010年3月29日 (月) 21時28分

のりえちゃんこんばんは~。
おおっ、照り照りの蒲焼おいちそう♥
まろりんのはんぺんのお料理、記憶に無い!
こんな美味しそうなものあったんだね(笑)
うちのだんなさんも野菜炒めが大好き!
で、昨夜は野菜炒めでしたよ~。
普通が一番好きなんだよね(笑)

投稿: うひひ | 2010年3月29日 (月) 21時37分

のりえちゃん、こんばんは~。
度々登場する照りっとしたショット、
悩殺です。(笑)
いわしって一昔前までは、やすーいお魚
だったのに、今となっては決して安いと
思えないお魚になっちゃったよね。

成功したのね~♪
リベンジまでしてくれて、ありがとう!
チーズ入り、うーん私も絶対に好きだな~。
久しぶりに作ってみようかしら。^^

投稿: marron | 2010年3月29日 (月) 22時53分

おはようさん!
イワシの蒲焼脂がのって照りがあって美味しそう!
ご飯が進むイワシの蒲焼ですね。
鰯って煮たりしますが、蒲焼もいいものですね。
はんぺんの味噌焼き、白味噌のあの甘さが
ご飯をおかわりしたくなる一品ですね。

応援ぽち。

投稿: 博士 | 2010年3月30日 (火) 05時30分

おはようございます!
和食、いいですね!いいですねぇ!
イタリアンをよく見ているので、ほっこり落ち着いてしまう私です^^
いわしの蒲焼、これ自分で作るのもいいですね!
う~ん、テカリ具合が最高です☆

投稿: やまがたん | 2010年3月30日 (火) 06時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1114694/33983867

この記事へのトラックバック一覧です: イワシの蒲焼 と はんぺんの白味噌焼き:

« イタリアン料理教室3月 | トップページ | 草餅と桜餅(叶匠寿庵) »